本文へスキップ

社会の変化と家族葬

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

社会の変化と家族葬

お葬式にはさまざまな方法があります。宗教的な違いで行われる方法が異なることもありますし、規模もさまざまです。故人が希望していた形式もあることから、それぞれ違った方法で行われてきました。時代とともに変化してきたのもお葬式であり、状況にあった形が選ばれてきたといえるでしょう。時代とともに変化してきたことが、現代では当たり前になった家族葬も生み出してきています。お葬式として合理的であり、都心部でも利用が進んできている方法です。

お葬式というと、かなり古い習慣と考えますが、実際に今行われている方法が特別古いものではありません。特に戦後からの変化が大きかったこともあり、高度成長期とともに変わってきたといっていいでしょう。お葬式として、宗教的な儀礼だけではなく、経済的な発展によって豪華な形式が好まれてきたことは大きな変化です。宗教的な観点が薄い日本人ではありますが、お葬式ということで仏式でなければいけないという形式を作ったのも、そこまで歴史の古いことではありません。価値観の変化などが大きな影響を与え、さまざまなものが生まれてきたことが、古い習慣だからといった言葉にも結び付いてしまったのは間違いありません。

現代社会を考えてみた時に、お葬式はどんどんと時代の変化に順応するように変わっていきました。高齢化社会を迎え、そこまで大きなお葬式にするほど交友関係がなくなってきているということも重要です。コンパクトなお葬式が都市部を中心として進んできているのも、時代の流れといえるでしょう。家族葬の急速な拡大というのもそのひとつです。高度成長期から続くお葬式の拡大から、参列者の数は必然ともいえる減少傾向を示しています。周囲との付き合いはどんどんと減少していくのは、定年退職したのちにあまり関係を取ることがなくなってしまう現代的な側面もあるでしょう。そうなると、亡くなったときにも、声をかけたりしないといったケースも増えてきています。

お葬式に対する費用的な部分もあります。あまり費用をかけたくないと思うのも時代の変化といえる部分です。社会的な影響もあり、形式的なことから脱却し、質素な家族葬といった形式を考えていくという人も増えました。ゆっくりと丁寧に送り出すという流れを考えれば、家族葬は理想的な方法ともなってくるでしょう。現代型のお葬式としても、十分に検討しておくべき方法となってくるため、今後の参考にしてみてはいかがでしょう。

information新着情報

2018年11月09日
ホームページを更新しました。